BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

亀田興毅が救急搬送?嫁の名前や画像?ボクシングを引退して現在は?

   

 

ボクシングを引退した亀田興毅さんが、5月12日の報道によれば、東京・六本木で急性アルコール中毒で救急搬送されていたことが判明しました。

 

亀田興毅

亀田興毅

 

午前4時半の明け方、港区六本木の交差点で、タクシー運転手が「乗客の反応がなくなった」と意識不明になった亀田興毅を110番通報。警察官が駆け付けたところ、意識朦朧の亀田興毅が反応がないので、すぐさま病院に緊急搬送された。病院で診断されたところ、急性アルコール中毒とみられ、現在は意識は回復し、退院しているという。

という報道がありました。

 

亀田興毅のプロフィール

 

生年月日:1986年11月17日(29歳)

出身地:大阪府大阪市西成区天下茶屋

身長:165.9㎝

 

言わずと知れた亀田三兄弟の長男で、第21代WBA世界ライトフライ級王者、第36代WBC世界フライ級王者、そして第91代WBA世界バンダム級王者の日本人初の3階級制覇王者です。

 

o085312801299046950093

 

とは言え、亀田三兄弟に対しては批判的な目で見ている人が多く、輝かしい戦績ながら、亀田興毅さんの試合は、つまらないという批判的な意見が多く聞かれました。

 

また、父の亀田史郎氏に問題があったために、亀田家の批判を一身で受けたような亀田興毅さんですが、現在は実業家として、そしてタレントとして活動しています。

 

亀田興毅の試合はいつも騒動を引き起こしていた

 

亀田興毅さんがボクシング選手時代の試合は、いつもその判定に疑問符が付くようなものばかりであったことと、父の亀田史郎氏がこれまた問題ある人物で、亀田ジムが問題を起こす度に、亀田三兄弟はそれに翻弄されていたように見えます。

 

亀田史郎

亀田史郎

 

亀田興毅さんを含め、亀田三兄弟は本当にボクシングがやりたかったのかは不明ですが、傍から見る限り、どうも亀田三兄弟はボクシングを嫌々していたとしか見えませんでした。

 

亀田三兄弟

亀田三兄弟

 

試合の判定には大いに疑問符が付く試合内容で、3階級の王者に輝いた亀田興毅さんですが、どれも胡散臭さを感じていた人は少なくないように思います。

はっきり言えば、亀田三兄弟の試合は茶番にしか見えず、これといってボクシングの才能があるとも見えなかった亀田興毅さんは、ボクサーであることに違和を感じていたはずで、どうしてボクシングをしなければならないのか、引退するまできっと解らなかったに違いないのです。

 

全ては父・史郎氏の問題行動に帰すのですが、亀田三兄弟の試合は、TBS系が押していましたが、視聴者は次第にその興味すら失ってしまって、今でも亀田三兄弟の試合に興味がある人は珍しいのではないかと思います。

 

20151105o

 

そこまで、亀田三兄弟のボクシングの試合内容は、ひどく、判定勝ちを勝ち取っても誰もそれを受け容れるには余りにも弱い試合をするのが亀田三兄弟とも言えるのです。

 

既に結婚して子どもが3

 img_fad92f112acb43318b281eee217e464d189416

 

亀田興毅さんは既に結婚しています。嫁の名前は旧姓・伊藤美香(現・亀田美香)さんで、亀田興毅さんとは中学生のころから付き合っていて、10年以上の交際を経て2012年に結婚しました。

 

亀田美香

亀田美香

 

亀田興毅さんと美香さんが結婚したときには既に美香さんのおなかの中に子どもがいました。2012年9月に第一子の長男を出産しています。長男の名前は「万毅(まなき)」と言います。

そして、年子で次男が、そして、次男と2歳離れて三男を出産しています。

産むペースが速いので、まだまだ家族は増えそうですが、子煩悩と言われている亀田興毅さんにとっては子どもが多いに越したことがないのかも知れません。

o0480064012414408660

 

亀田興毅とは何だったのか

 

亀田三兄弟の看板を背負っていた長男の亀田興毅さんとは一体何だったのでしょうか。

ある意味、テレビが祭り上げて作られた人物を演じていたのか、それとも父の史郎氏のおもちゃとしてピエロを演じていたのか、真相は明らかになっていませんが、ただ、亀田興毅さんの人気は明らかに低下し、ボクサー最後のときはヒールとして扱われる程になってしまいました。

 

ボクシング-最強のチャンピオン-亀田興毅-カルロスボウチャン

 

人間は生きている以上何らかの役を演じていると言われますが、亀田興毅さんは父親の史郎氏の思い描いたボクサーを具現化することを宿命付けられた存在だったのかも知れません。

つまり、亀田興毅さんは亀田興毅という人間を演じているとしか思えないのです。

 

まとめ

 

亀田三兄弟の長男の亀田興毅さんは既にボクサーを引退していて、実業家として、また、タレントとして活動していますが、果たして亀田家という社会現象は、一体何だったのかという疑問符が誰の頭にも浮かぶはずで、これは父親の史郎氏が演出した演劇の一つだったのではないかという疑問が湧いてくるのです。

 

o0450038413455659252

 

それ程に亀田家というものは胡散臭く、亀田家に対する視線は厳しいものとなってしまっています。

これは亀田興毅さんに取っては不本意なことかも知れず、父・史郎氏の思惑ばかりが先行した亀田家の売り出し方は、余りにも稚拙だったのかもしれません。

TBSはそれに手を貸すようにして亀田三兄弟を持ち上げていましたが、テレビ局が描いたシナリオ通りに亀田興毅さんは動かされていたに過ぎないのかも知れません。

それは余りにも不憫に思いますが、しかし、亀田興毅さんもそうすることで「美味しい思い」をしたのは確かで、メディアを使った茶番劇にボクシングファンは踊らされていただけなのかも知れません。

関連記事!

 - スポーツ選手, タレント