BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

奥原希望(バドミントン)怪我を乗り越えリオ出場!横澤夏子に似てる?

   

 

リオデジャネイロオリンピックでバドミントンでの金メダルも狙える実力者、奥原希望選手。

 

高校総体では2年、3年と2連覇を成し遂げ、高校2年生で、

史上最年少で全日本のバドミントンの女王に輝くなど、その成績はめざましいものがあります。

 

3月には世界ランキング3位にまで上り詰めた奥原希望選手について調べてみました。

 

奥原希望(おくはら のぞみ)のプロフィール

 

img_268ec47c1291ad8b8c918f3774e2e539176277

奥原希望

 

生年月日:1995年3月13日(21歳)

出身地:長野県大町市

身長:156.3㎝

利き腕:右

競技開始年齢:6歳

種目:女子シングルス

世界ランク(最高位):3位

日本ランク(最高位):1位

所属:日本ユニシス

 

父親と姉、兄の影響で小学校2年生の時にバドミントンを始めます。

 

小学校6年生時にはANAアジアユースジャパン、U13で優勝、

全国小学生ABC大会で2位、

全国小学生バドミントン選手権で女子シングルベスト8に進出。

 

大町市立仁科台中学校に進学後は、全日本ジュニアバドミントン選手権大会で中学1年時にベスト8、

2年時に新人部門でシングルス優勝、

3年時はジュニア部門でシングルス2位。

 

大きく飛躍した高校時代

 

 img_news

 

長野から単身、埼玉県立大宮東高等学校へ進学します。高校1年時は全日本ジュニア選手権デ優勝、

インターハイは3位、

全日本総合バドミントン選手権大会でベスト16。

 

2年時、2001年は全日本は全国ジュニア選手権で2連覇を達成、インターハイ初優勝(翌年も優勝)。

 

さまた、この年から国際大会に出場し、オーストリアインターナショナルチャレンジで優勝、

ヨネックスオープンジャパンベスト16、

カナダ・オープングランプリでベスト4などめざましい活躍をしました。

 

また、奥原希望選手は宮村愛子さんが(熊本中央女子高等学校)の持つ18歳4ヶ月を大幅に更新する

16歳8ヶ月で史上最年少バドミントン全日本女王に輝きました。

 

そして、バドミントン日本代表に初選出されました。

 

41865

 

2012年、アジアユースU19選手権で銀メダルを獲得。

 

混合団体戦の初優勝に貢献します。

 

世界ジュニア選手権では団体戦決勝の中国戦女子シングルスで孫瑜に破れ、

チーム自体もやぶれて 準優勝に終わったのですが、

個人戦では準決勝で孫瑜に2-0で勝ち、

日本勢対決となった決勝でも、山口茜を2-0で下し、

同大会で日本勢初の金メダルを獲得しています。

 

しかし、2013年、左膝の半月板を損傷し、手術を受けました。

 

実業団時代

 

高校卒業後、2013年4月に日本ユニシスに入社。

 

怪我により休養をしていたのですが、11月の中国オープンから実戦復帰します。

 

女子シングルスで初優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる奥原希望=13日、英国・バーミンガム

 

 

2014年、スーパーシリーズの香港オープンで準優勝。

 

20115年、ヨネックス・オープン・ジャパンでは山口を下しスーパーシリーズ初優勝を飾ります。

 

同年、12月、全日本総合選手権では決勝に勝ち上がり、

佐藤冴香を2-0で下し、4年ぶり2度目の全日本史女子王の栄冠を手にする。

 

スーパーシリーズファィナルズでは、

グループリーグと準決勝で世界選手権2連覇中のカロリナ・マリンを2-0デ下すなど1セットも落とさずに、決勝に進出。

 

決勝でもロンドンオリンピック銀メダルの王儀涵を2-0デ破り、

日本人で初めてスーパーシリーズファィナルズのシングルスで優勝しました。

 

205_main

 

2016年、全英オープンで王儀涵、カロリナ・マリン、王適嫻を連破し、

同大会女子シングルスの日本人選手では1977年の湯木博恵以来となる優勝を飾ります。

 

この大会後に発表された世界ランクが3位になります。

 

151213_1

 

奥原希望は横澤夏子に似ている?

 

横澤夏子

横澤夏子

 

奥原希望選手は物真似芸人の横澤夏子さんににているとりのこえがありのますが、どうでしょうか。

ぱっと見にているかも知れませんが、

はっきり言って断然奥原希望選手の方が可愛いです。

 

「情熱大陸」に出演!

 

 

奥原希望選手は一人の人物をじっくりと追い続けることで

人気の番組「情熱大陸」(TBS系)の7月3日放送回に出演します。

 

年間200日に亘海外遠征に密着し、その過酷な状況の中で、

奥原希望選手がどのように自分を見失わずに戦っているのかを見つめている番組内容です。

 

バドミントンという競技は長い間マイナーなスポーツでしたが、

小椋久美子さんと潮田玲子さんのオグシオの活躍で、一気にファンが急増し、

卓球とともに大注目のスポーツへと変貌を遂げたように思います。

 

奥原希望さんはその156.3㎝という決して恵まれたフィジカルをしてはいないのですが、

練習の賜物と言うほかない、拾って拾って拾って状況を打開し、

その粘りが持ち味で、それは他の選手に比べて群を抜いています。

 

まとめ

 003

 

リオデジャネイロオリンピックで金メダルも夢ではないと言われて、

期待が集まるバドミントン女子日本代表の奥原希望選手。

 

その持ち味はなんと言ってもどんなシャトルでも拾いまくって、

状況を打開できるという数少ない選手です。

 

金メダルも夢ではないと言うほどにその実力は確かなもので、

今は、リオデジャネイロオリンピックに備えて、最後の追い込みを行っていると思います。

 

しかし、奥原希望選手は大きな怪我を乗り越えての活躍ですので、

それは本物というべきもので、精神面でも抜かりがない老獪な試合運びを行える選手に成長しています。

関連記事!

 - スポーツ選手