BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

假屋崎省吾の素敵な作品について!出身や自宅マンションの場所について?

   

 

オネエキャラとしてテレビ出演する機会が多い假屋崎省吾さんですが、

著名な華道家の顔を持っていることをどれ程の人が知っているのでしょうか。

 

ここでは華道家、假屋崎省吾としてその卓越な世界観について書き綴ります。

 

假屋崎省吾(かりやざき しょうご)のプロフィール

 

假屋崎省吾

假屋崎省吾

 

生年月日:1958年12月17日(57歳)

出身地:東京都練馬区

血液型:AB型

 

 

園芸好きの両親の元に生まれた假屋崎省吾さんは、自称「園芸少年」でした。

 

小学生の頃からNHKの『趣味の園芸』『きょうの料理』『婦人百科』を定期購読していました。

 

明治大学夜間部を経て早稲田大学文学部に入学。

 

在学中の1983年、

「自分を表現するための職業を考えたとき、好きな花で自己表現できるのではないか」

 

と考えていけばな「草月流」本部教室に入門します。

 

家元の勅使河原宏に師事します。

 

日本を代表する映画監督でもあった勅使河原宏は、

「いけばなで、それを仕事として独立する気概を持った人」

を育てるべく設立した「男子専科」の初期メンバーに假屋崎省吾さんは存在します。

 

勅使河原宏

勅使河原宏

 

假屋崎省吾さんは早稲田大学卒業間近に父が急逝し、一旦は就職しますが、3ヶ月でやめます。

 

アルバイトをしながらいけばなに専念します。

 

その後、草月工房に入社。

 

草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞など数々の賞を受賞します。

 

その後、財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任します。

 

1992年、現在の事務所を設立します。

 

「假屋崎省吾 花・ブーケ教室」を主宰し、

草月流の基本に留まらず、ブーケなどの指導も行うマルチな才能を発揮しています。

 

2

 

1996年アメリカス合衆国大統領クリントン来日時、1997年チリ大統領来日時、1998年イタリア大統領来日時、

そして1999年今上天皇の在位10周年記念式典において、花の総合プロデューサーを務めます。

 

近年は、日本各地で個展を開いています。

 

そして毎年秋の目黒雅叙園での個展を企画し、教室も催しています。

 

目黒雅叙園の保存階段「百段階段」は、国の登録有形文化財に登録されていて、普段は公開されていません。

 

假屋崎省吾さんは百段階段の華美に装飾が尽くされた空間を大がかりな作品で

花を生けて假屋崎省吾さん独自の「動き」がある世界を形作ります。

 

puresu

 

地方の歴史的な建築物でも意欲的に個展を開き、町おこしに貢献しています。

 

人物伝

 

 image

 

個展の開催、教室での指導、本の出版、花にかかわるビジネス、

そしてタレントとしてマルチナに活躍をしていることは皆の知るところです。

 

美輪明宏さんの追っかけをしています。

 

美輪明宏さんからは「美を紡ぎ出す手を持つ人」と称されています。

 

10代の頃はピアニストを目指したこともあり、クラシック音楽がお気に入りです。

 

そこで、舞台美術も手がけ、音楽会では演奏家とのコラボレーションとして演奏とともに舞台上で生け花をいけることも多いです。

 

ガラス花器の制作を長年に亘って行つていて、個展ではガラス工場で自ら作った花器を使った作品を手がけます。

 

假屋崎省吾の作品の素晴らしさ

 

假屋崎省吾さんの生け花の素晴らしさは、批判的な意見もありますが、

迸るイメージを何とか花を生けることで現実に固着化するという、

あまりに奔放自在にして細部にも美が宿るという希有なもので、

それは假屋崎省吾の唯一無二の世界が構築されます。

 

その花によって構築された世界は儚くもありながらも世界が移ろう諸行無常と言うことを堅牢に観るものに突き付ける世界観が創出されていて、

その作品は一回性ということを否が応でも心にとめなければならない

假屋崎省吾の固有の世界が形作られていて、その作品は白眉というしかありません。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

maxresdefault

 

20091015_1179998

 

自宅のマンションは?

 

 img01

 

假屋崎省吾さんの自宅のマンションは東京・表参道にあるようです。

 

自宅の内装は、ヨーロッパをイメージさせる作りとなっています。

 

自宅では假屋崎省吾さんの個性が存分に発揮されたというものではなく、

むしろ落ち着いた雰囲気の高級感あふれける内装になっています。

 

0208_10

 

そして、假屋崎省吾さんは自宅に何十億円という費用を投じていて、

一般人ではどうあがいても作れない自宅なのです

。ということは年収ももの凄く、

一説には4億円稼いでいると言われています。

 

まとめ

 

 blog03151

 

假屋崎省吾さんは、華道家として一流であるばかりでなく、

タレントなどマルチな活躍をしています。

 

その假屋崎省吾さんの生け花は、假屋崎省吾さんならではの「動き」がある作品となっていることが多く、それに対して批判的な声もありますが、

しかし、假屋崎省吾さんの生け花には、魂を揺さぶりエネルギーが迸る世界観が表現されていることが多く、

また、生け花という一回性という儚さの中に堅牢なものを敢えて表現しようとのもがきが表現されていることもあり、

假屋崎省吾さんの作品は、観るものに対して己の存在のあり方を問うものに昇華していることが多いです。

 

また、自宅は表参道にあるようで、その内装は何十億円もかけてヨーロッパ風な落ち着いたものとなっていて、自宅での自己表現は極力抑えているようです。

他幕の内装まで自分らしさを求めると精神的に疲れてしまうのかも知れません。

関連記事!

 - オネエ, タレント