BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

川田裕美は勘違いしていて嫌い?カップや脇や美脚画像!スキップが変?

   

 

現在はフリーのアナウンサーとして引っ張りだこの川田裕美アナ。

 

元読売テレビのアナウンサーで、「場ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)でよく知られています。

 

フリーに転身後に、数多くのバラエティ番組に出演しています。

 

何故、川田裕美アナは今引っ張りだこなのかなど、調べてみました。

 

川田裕美(かわだ ゆみ)のプロフィール

 

川田裕美

川田裕美

 

生年月日:1983年6月22日(33歳)

出身地:大阪府泉大津市

身長:158cm

血液型:B型

資格:普通自動車免許、スイーツコンシェルジュ

趣味・特技:愛犬のコロンと遊ぶこと

学歴:和歌山大学経済学部経済学科卒業

 

大学時代に学内のインターネットラジオ局で活動しながら、生田教室でアナウンスを勉強していました。

 

2006年、大学卒業と同時に読売テレビに入社。ニュースデビューは2006年7月22日。

 

「情報ライブ ミヤネ屋」が関西ローカルで放送されていたときの火曜レギュラーで出演しています。

 

その後、全国ネット番組「ニッポン旅×旅ショー」ではレギュラーアシスタントに抜擢されます。

 

藤井隆さんとコンビを組みます。2010年、4月から「朝生ワイド・す・またん!」では同期の虎谷温子アナと日替わりレギュラーとなります。

 

 

虎谷温子

虎谷温子

 

その後、様々な番組を経験した後、先輩アナウンサーの森若佐紀子アナが産休に入ったことで、

後任司会者として「情報ライブ ミヤネ屋」にレギュラー出演します。

 

その後、森若佐紀子アナが復帰するのですが、

宮根誠司さんのアドリブに対する対応や個性豊かなコメンテーター陣の扱い方が堂に入っていると高く評価されました。

 

また、運動音痴を自認するも、2014年10月には番組代表として大阪マラソン2014で人生初のフルマラソンに挑戦。

 

宮根誠司さんが設定した目標タイム「5時間」を切る4時間57分2秒で完走します。

 

 

宮根誠司

宮根誠司

 

または、スイーツ好きが昂じて2014年には日本スイーツ協会主催の

「スイーツ検定」試験に合格し、スイーツコンシェルジュの資格を取得。

 

2015年、会見を開いて「新しいステージで自分を試したい」と読売テレビを退社し、

フリーアナウンサーへの転身を発表します。

 

会見で、情報番組を中心にバラエティ、旅番組、ナレーションやラジオ、本の執筆など幅広く、

また、関西人のサービス精神で女優にも挑戦してみたい、と語っています。

 

勘違いしていて嫌い?

 

b4648db48e8fe54e78417e7cd1101dbe

 

川田裕美アナを検索すると「勘違い」という検索候補語が上がります。

 

何故、ネットで川田裕美アナは勘違いとして批判されているのかと探って行くと、

それは、どうやら読売テレビを退社したときに開いた会見にあるようなのです。

 

前述のように川田裕美アナは”女優にも挑戦したい”と述べたことに対して、

何を勘違いしているのかと批判の声が上がったのです。

 

しかし、アドリブに強いと言うことは女優のセンスがあると言うことの証明ではないでしょうか。

 

アナウンサーとしての経験もまた、女優としての経験にプラスに働くことに違いなく、

川田結実アナには外野の声になど怯まずに自分のやりたいことをして欲しいです。

 

そうでなければ、悔いが残るだけで、ふがいない自分に対しての自己否定につながるに違いありません。

 

究極的には、誰しも、勘違いしているのです。

 

勘違いしていなければ、仕事などできません。

 

カップや脇や美脚画像

 

今人気急上昇の川田裕美アナのカップや脇や美脚画像がこちらです。

 

c9114a83

 

i320-e1432242791851

 

o0480064013325209321

 

ダサいファッション1

 

CXp3WdlUwAAd9vj

ちなみに川田結実アナのカップはCカップと推定されています。

 

フェチな人にはなんとも言えない画像ではないでしょうか。

 

スキップが変?

 

 

 

動画の通り、川田裕美アナはスキップが変で、もっとはっきり言えばできません。

 

自分でも運動音痴として認めていることから、本当に運動は駄目なのでしょう。

 

それもご愛敬です。

 

女子アナ30歳説というものがありますが、フリーに転身し、

新たな自分を試したいという川田結実アナはひとつづつ階段を上るようにして

自分を成長させて行くことになるのだと思います。

 

まとめ

 

o0540072012743307844 

読売テレビ時代に「情報ライブ ミヤネ屋」での宮根誠司さんのアドリブに怯むことなく、

上手く対応し、また、個性的なコメンテーターの扱い方も上手いと評価を高めた川田結実アナは、

自分を高めたいと読売テレビを退社し、

その時の会見が元で、”勘違い”していると批判されました。

 

それは、女優にも挑戦してみたいと言うことなのですが、

なんでもやりたいことをすればいいのであって、

やりたいことをせずにいると後に残るのは後悔ばかりです。

 

そんな人生は誰も過ごしたくないはずです。

 

せっかくそのような挑戦できる環境に身を投じられたのですから、

後はやりたいことを自分が好きなだけ挑戦すればいいのです。

 

何もしないことが、一番不幸な人生なのではないでしょうか。

 

現在、貧困でやりたいこともできずに毎日日銭を稼ぐのに苦労している人か多い中、

挑戦できる場を与えられた人は千載一遇のチャンスとしてなんにでも挑戦することを望み、

社会はそんな人を応援し、 また、互助の精神がよみがえることを願います。

関連記事!

 - アナウンサー, セクシー画像, 美脚画像