BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

小芝風花のカップ水着可愛い画像!武井咲の妹?スケートの動画も!

   

 

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」でヒロイン・あさ(波瑠さん)の娘の千代役を演じて、それが好評だった小芝風花さん。

 

今年高校を卒業し本格的に女優業に専念するという小芝風花さんについて調べてみました。

 

小芝風花(こしば ふうか)のプロフィール

 

 

小芝風花

小芝風花

生年月日:1997年4月16日(19歳)

出身地:大阪府

身長:156㎝

血液型:A型

 

小芝風花さんは、2011年11月の「イオン&オスカープロモーションガールズオーディション2011~武井咲のお姉さん&妹キャラクター大集合~」で

グランプリを獲得したことで芸能界入りを果たしました。

 

3万5000人の中から選ばれた小芝風花さんは当時は14歳でした。

 

index-iapp_

 

小芝風花さんは実写版の「魔女の宅急便」のヒロイン・キキ役を演じて新人女優賞を受賞するなど、

女優として成長をはじめたのですが、「魔女の宅急便」をそもそも実写化することに対して批判が渦巻き、

キャスティングも不評を買ったので、当然、興行的には上手く行かなかったのです。

 

 

original

 

そして、「あさが来た」での千代役ですが、当初、小芝風花さんに対してはそれ程好意的ではなかった評価も終わってみれば、

その演技に対して高い評価を得ることになったのです。

 

そして、小芝風花さんは奈良県の葛城地区に実在する図書館を舞台にした映画「天使のいる図書館」の主演を務めることが決定しました。

 

映画「天使のいる図書館」

 

969-fuka001_1000x

 

小芝風花さん主演の映画「天使のいる図書館」は監督に「リュウグウノツカイ」「桜ノ雨」のウエダアツシ氏、

脚本を映画「百瀬、こっち向いて。」の狗飼恭子さんが手がけ、公開予定は2017年春です。

 

この「天使のいる図書館」は、新人司書の吉井さくら(小芝風花さん)が、

図書館を訪れた老婦人のある願いを叶えることで、

地域の歴史や文化に触れることで成長していく様をてらうことなく描き出す映画です。

 

この映画は、映画を通じて地元の魅力を伝えるべく2016年4月に発足した奈良・葛城地域観光振興シネマプロジェクトの一環で制作される映画です。

 

この映画に対する思いを小芝風花さんは、「さくらが少しづつ変わってゆく様子を丁寧に演じたいです」と抱負を語っています。

 

 

カップ水着可愛い画像

 

31def804c59266193b7045e7fd25671f

 

以下がカップ水着可愛い画像です。

小芝風花の水着画像①

小芝風花の水着画像②

小芝風花の水着画像③

小芝風花の水着画像④

 

カップはCカップと言われていて、その眩しすぎる水着画像などの

仄かな色気とまだあどけない可愛い画像のギャップにメロメロになる人続出かも知れません。

 

フィギュアスケートでドラマに出演

 

 

小芝風花さんは小学校3年生から中学2年生までやっていたというフィギュアスケートは、

西日本小中学生大会で8位に入賞するほどの腕前なのです。

 

フィギュアスケートをしていたときは年間330日は練習に明け暮れて、

夏休みになるとほぼ毎日5~7時間はスケート付けの日々を送っていたとか。

 

オリンピックを目指して2度も膝の手術をするなど、真面目にオリンピックを目指していたのです。

 

 

%e5%b0%8f%e8%8a%9d%e9%a2%a8%e8%8a%b1%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f4

 

いつも母親が運転する車で、往復1時間以上かけてリンクに通っていたと言うから、小芝風花さんのフィギュアスケートは本物なのです。

 

そして、芸能界で活動することに専念するためにフィギュアスケートを断念したという小芝風花さんは、

しかし、そのフィギュアスケートの実力があればこそのドラマに出演しているのです。

 

それが「スケート靴の約束」なのです。

 

小芝風花の家はお金持ち?

 koshiba_interview_07

 

小芝風花さんは現在、母親と妹の3人で暮らしています。

 

父親に関しては全く言及がないのです。

 

例えば、

ずーっと家の中で

家族3人でゲームしたり~

なんか食べたり~

ダラダラしたり~

なんか食べたり~

まーったり過ごしてました????

と、全く出てこないのです。

 

母子家庭なのかと思うのですが、フィギュアスケートをしていたと言うことから、母子家庭とは考えにくいのです。

 

もしかすると 両親が離婚していて、母親が慰謝料をもらったのかとも想像できるのですが、父親がいると考えるのが自然で、

きっと、父親は大阪から離れられない事情がある、例えば、会社を経営していて、どうしても大阪を離れられないといったこことなどが考えられるのです。

 

小芝風花の評価の変遷

 160611-6-t

 

小芝風花さんは、その評価が最初、余り良いとは言えませんでした。

 

素朴な感じということが盛んに言われていて、つまり、“芋臭い”と言うことです。

 

それが、「あさが来た」の千代役で次第に変化してきて、「あさが来た」が終わる頃にはその評価はとても高まりました。

 

”可愛くない”とも言われていましたが、「あさが来た」でそのような声も聞こえなくなったように思います。

 

そして、映画の主演です。

 

一部では今年ブレイクするのではないかとも言われています。

 

まとめ

 shueishapn_20160302_61681_1_s

 

小芝風花さんは、「イオン&オスカープロモーションガールズオーディション2011~武井咲のお姉さん&妹キャラクター大集合~」でグランプリを獲得して芸能界します。

 

実写版の「魔女の宅急便」のキキ役を演じたのですが、その評価はあまり芳しいものではありませんでした。

 

そして、高視聴率のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の主人公・あさの長女の千代役で出演したのですが、

最初は”不自然”な感じがすると不評を買っていました。

 

しかし、話が進むにつれて千代役の小芝風花さんの評価も高まり、その演技に賞賛の声が上がりはじめたのです。

 

そして、「あさが来た」が終わると小芝風花さんの評価は全く逆転していて、演技派の若手女優として大注目を浴びることになったのです。

 

そして、今度は映画での主演です。

 

「天使がいる図書館」での新人司書役で、どんな演技を見せてくれるのか非常に楽しみです。

関連記事!

 - かわいい画像, カップ画像, 女優, 水着画像