BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

上地結衣リオパラリンピックテニス銅メダル!カップや可愛い画像について?

   

 

リオデジャネイロパラリンピックで日本人初となる、

 

車椅子テニス女子シングルスで銅メダルに輝いた上地結衣選手。

 

 

日本代表チームの旗手に選ばれ、

 

また、世界ランク№2と言う重責もあり、

 

銅メダルを獲得したときにはその苦しかった胸の内も語っていました。

 

そんな上地結衣選手が気になったので調べてみました。

 

 

上地結衣(かみじ ゆい)のプロフィール

 

上地結衣

上地結衣

 

生年月日:1994年4月24日(22歳)

出身地:兵庫県明石市

身長:143㎝

所属:エイベックス・グループ・ホールディングス

 

 

経歴・戦績

 

 150108lamijisan-1

 

上地結衣選手ははじめ、車椅子バスケットボールをしていました。

 

 

しかし、11歳で車椅子テニスに転向します。

 

 

何がきっかけで上地結衣選手が車椅子テニスに転向したのかは解りませんでしたが、

 

上地結衣選手がその才能を発揮するのに時間はかかりませんでした。

 

 

14歳で、日本ランキング一位になります。

 

2008年、全日本選抜車椅子テニス選手権大会で初優勝します。

 

 

それから破竹の6連覇を成し遂げます。

 

 

同年、ピースカップも初優勝します。

 

 

この大会も2011年から3連覇を成し遂げます。

 

 

2012年、高校3年生でロンドンパラリンピックの車椅子テニス女子のシングルス・ダブルスの日本代表に選出されます。

 

 

結果はシングルス・ダブルスともにベスト8です。

 

 

2013年、マスターズシングルス初優勝。

 

2014年、全豪オープン……ダブルスでグランドスラム初優勝。

全仏オープン……シングルス・ダブルス優勝。

ウィンブルドン……ダブルス優勝。

全米オープン……シングルス・ダブルス優勝。

 

2015年、全豪オープン……ダブルス2連覇。

 

 

20016年、全豪オープン……ダブルス3連覇。

 

img_42781_2

 

ちなみに2014年にはシングルス・ダブルスともに世界ランキング一位となります。

 

 

カップや可愛い画像

 

 j3-e1423893284548-361x500

 

上地結衣選手は可愛らしい女性であり、

 

このたびNHKが大々的にパラリンピックを生中継したことから、

 

パラリンピックが凄く身近に感じられた人も多かったと思いますが、

 

真夜中とは言え、上地結衣選手の試合も生中継されていて、

 

その手に汗握る攻防に、

 

息を呑んで見守っていたと言う人も少なくないと思います。

 

 

準決勝で上地結衣選手は惜しくも敗れはしたものの、

 

三位決定戦では何とか勝ちを収めることが出来、

 

試合後は涙を流しながら、

 

それまでの辛かった胸の内を吐露していました。

 

 

そんな上地結衣選手はとてももチャーミングで、

 

ファンになったと言う人も多いのではないかと思います。

 

 

こちらがそんな上地結衣選手のカップや可愛い画像です。

 

kamiji0905

 

%e4%b8%8a%e5%9c%b0%e7%b5%90%e8%a1%a3%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

 

img_52563_4-300x300

 

2015519215023fawl0

 

車椅子という障害があるとは言え、普通に可愛いです。

 

彼氏とかの情報はないのですが、

 

上地結衣選手ならば、

 

直ぐにでも彼氏になりたいという人は多くいるのではないでしょうか。

 

 

大変な努力をしたはず

 

 players_kamiji_sp

 

上地結衣選手は、車椅子テニスのトップ選手の一人として活躍していますが、

 

そこに至るまでは並大抵の努力では決して無理だったはずです。

 

 

上地結衣選手は身体が小さいので、

 

例えば外国の選手などを相手にする場合、

 

その圧倒的なパワーに対して

 

上地結衣選手は堪えうる肉体、それも上半身だけで作り上げなければ、

 

とてもトップの選手に対抗しうることは出来ません。

 

 

しかし上地結衣選手は強靱な肉体を作り上げ、また、スタミナも十二分にあるのです。

 

 

そして、世界ランキング№2迎えたリオデジャネイロパラリンピックで、

 

上地結衣選手には、金メダルの期待がかかり、

 

それが大きな重圧になっていたようです。

 

 

上地結衣選手は二分脊椎症

 

 945a321fd2523d139a559db8aeeffe55

 

上地結衣選手が車椅子を使わなければならないのは、

 

先天性の二分脊椎症という病気によるためです。

 

 

二分脊椎症というのは脊椎骨が先天的に未発達で、

 

神経管が閉鎖されてしまう障害というものです。

 

 

そのために下肢の麻痺や変形、

 

膀胱・直腸障害による排泄障害などがあるというものなのです。

 

 

つまり、生れながらにして車椅子生活しかなかったのです。

 

 

それが上地結衣選手にどんな思いを抱かせたのかは想像を絶することだったはずで、

 

それでも車椅子テニスと出会い、

 

一時は世界ランキング№1にまで上り詰めるなど、

 

車椅子テニスは上地結衣選手にとって、

 

生きる上で欠かすことが出来ないものとなり、

 

張り合いになっているのは誰の目から見ても間違いないのです。

 

 

それが、上地結衣選手の車椅子テニス上達の原動力と思われ、

 

「誰よりも強くなりたい」

 

と言う思いの中、

 

上地結衣選手は自身で出来ることは何でもやってきたはずです。

 

 

その上地結衣選手をしてもパラリンピックという大舞台では、

 

見えない重圧に呑み込まれてしまったのです。

 

 

しかし、上地結衣選手はまだ22歳と若いので、

 

2020年の東京パラリンピック大会での一番いい色のメダル獲得を目指して、

 

更なる鍛練を、と言う思いにあることは間違いなく、

 

4年後に向かって既に歩み出しているはずです。

 

 

まとめ

 

 69ac17274be341409195ba0b28a4ec01

 

リオデジャネイロパラリンピック大会での車椅子テニス女子シングルスで、

 

金メダルを期待されていた上地結衣さんですが、

 

結果はあと一歩の銅メダルに終わりました。

 

 

しかし、この競技でのメダル獲得は日本人初となりました。

 

 

しかし、その戦いぶりは、称えるべきもので、

 

決して批判されるべきものではありません。

 

 

パラリンピックがテレビで生中継されるなど、

 

大々的に取り上げられることになったのは、

 

今回のリオデジャネイロパラリンピックが初めてで、

 

上地結衣選手の試合が生中継されるなど、

 

NHKは国民からの要望に応える形でパラリンピックを取り上げたと思われます。

 

 

そこで、露わになったのは、

 

日本は障害者スポーツに関してはまだまだ環境が整備されていないと言うことです。

 

 

そんな中で世界ランキング№1にもなった上地結衣選手は

 

よくぞ、と言う思いはあっても、

 

もっととできたはずと言う過酷な注文は

 

日本人は誰も出来ないはずです。

 

 

車椅子テニス女子シングルスで銅メダルをとった上地結衣選手は、

 

先天性の障害を抱えての活躍です。

 

 

上地選手の目はもう2020年の東京大会に向いているはずですので、

 

地元東京開催のパラリンピックでの活躍が期待される上地結衣選手。

 

 

重圧に負けずに更なる飛躍を、と一番に上地結衣選手が感じていることだと思います。

関連記事!

 - かわいい画像, カップ画像, スポーツ選手