BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

徳光正行しくじり先生に出演!父は徳光和夫!年収や妻との離婚について?

   

 

父親にフリーアナウンサーの徳光和夫さんを持つタレント、キャスターとして活動する徳光正行さんが、

 

9月26日放送の番組「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」に出演します。

 

そこで、そんな徳光正行さんについて調べてみました。

 

 

徳光正行(とくみつ まさゆき)のプロフィール

 

徳光正行

徳光正行

 

生年月日:1971年12月12日(44歳)

出身地:神奈川県茅ヶ崎市

身長:170㎝

体重:62㎏

血液型:O型

特技:チョークスリーパー、人の歩き方の模写

趣味:茶ブラ(お茶の水から神保町にかけての散歩)

 

 

中学卒業後、プロレスラーを志しましたが、

 

父・徳光和夫さんの反対で断念。

 

徳光和夫

徳光和夫

 

相洋高校卒業後、3浪生活の末に日本大学芸術学部音楽学科情報音楽コースを、

 

一年留年の後に卒業します。

 

 

大学卒業後は就職せずに、ロック・コミックソング歌手を目指していたのですが、
2001年に父・徳光和夫さんが入院したことにより、自立を決意し、

 

タレントとしてデビューしました。

 

 

しかし、テレビ出演は父・徳光和夫さんとの共演が多く、

 

とても自立したとはいい難い状況です。

 

 

また、これまた父親の影響で、大の巨人、プロレスファンです。

 

 

故・三沢光晴さんとの交流は1992年から三沢光晴さんの死(2009年)まで17年続き、

 

2010年に、三沢光晴さんとのエピソードを綴った『伝説になった男-三沢光晴という人-』を出版します。

 

三沢光晴

三沢光晴

 

また、芸能界屈指の熟女好きで、山本陽子さんの大ファンであることを公言しています。

 

山本陽子

山本陽子

 

雑誌『サイゾー』において同じく熟女好きのウド鈴木さんと対談し、

 

乳首の疲れ具合に哀愁を感じると告白しています。

 

ウド鈴木

ウド鈴木

 

2010年、元東京MXテレビ編成局情報制作部のアナウンサー、田野辺実鈴さんと結婚しましたが、

 

2015年に離婚しています。

 

田野辺実鈴

田野辺実鈴

 

2013年、西プロレスにミル・マスカラスを真似したマスクマン、ミル・マサカラスとして登場します。

 

ミル・マスカラス

ミル・マスカラス

 

試合中にマスクを剥がされ正体が明らかになり、

 

会場にゲストで来ていた父・徳光和夫さんの前でファイトを繰り広げます。

 

ミル・マサカラス/徳光正行

ミル・マサカラス/徳光正行

 

お笑いプロレスごっことは言え、中学時代の夢が叶うことになり、

 

これ以降、月に一度、西プロレス興行にマサカラスとして参戦しています。

 

 

年収は?

 

 3416a96b

 

徳光正行さんは、30歳頃まで、ミュージシャンを目指して親のすねをかじって実家で暮らしていましたが、

 

その頃の収入が月10万円ほどだったといいます。

 

 

しかし、「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)に徳光正行さんが出演したときに、

 

父の徳光和夫さんの生涯年収が130億円ということを暴露していました。

 

つまり、仮に徳光和夫さんが100歳まで生きるとしたならば、単純計算で年収1.3億円という計算になります。

 

 

実質的にはそれ以上は確実に稼いでいると言うことになり、

 

徳光正行さんが働かないのは、父親の稼ぎに胡座をかいているためと思われます。

 

 

しかし、それで人生終えうると言うことの虚しさを、

 

徳光正行さんは解らないのでしょうか。

 

 

しかし、徳光正行さんは視聴者からは批判されているのですが、

 

父親の徳光和夫さんに甘やかされていて、それをいいことに自分では何の努力もしていないようです。

 

・40歳を過ぎてもお年玉のを両親からもらう。

 

・掃除などの手伝いなどで実家に寄った際には、お小遣いをもらう。

 

・自宅は都内にある四階建てで広さ約150平米(推定総額2億円)[土地・建物は徳光和夫さんの個人事務所が所有]。

 

・家の中には高級ベッドや、推定30万円のゴルフクラブ、高級ブランドの財布など、

 

父・徳光和夫さんからのプレゼントが数多くおかれている。

 

・季節毎に旬の最高級食材が自宅に送られてくる。

 

・徳光正行さんがお金に困ったと言えば、

 

何のためらいもなく父親の徳光和夫さんはお金を与える。

 

 

何故、これ程までに父親の徳光和夫さんが正行さんを甘やかすのかというと、

 

どうもそれは正行さんが幼いころ、

 

仕事が忙しすぎて相手をしてあげられなかったという後ろめたさがその背景にあるようです。

 

 

妻と離婚

 

 

田野辺実鈴と

田野辺実鈴と

 

徳光正行さんが妻の田野辺実鈴さんと離婚に至ったのは、

 

いつまでも親のすねをかじっていたためと徳光正行さんが自覚していることから、

 

正しくそれが原因で離婚に至ったようです。

 

 

田野辺実鈴さんは義父の徳光和夫さんに対して正行さんを甘やかさないで、

 

と何度となく申し入れをしていたのですが、

 

徳光和夫さんに息子の正行さんを甘やかせている自覚が全くなかったために、

 

田野辺実鈴さんの申し入れは受け容れられず

 

いつまでも親のすねかじりで生きている徳光正行さんに到頭愛想を尽かし、

 

離婚に至ったのがその真相のようです。

 

 

まとめ

 

 tokumitu3

 

親の七光りとはよくい言ったもので、

 

徳光正行さんは将に父親の徳光和夫さんのおかげでテレビに出演させてもらっていることに

 

早く気付かなければ、

 

徳光正行という人間の人生が破綻することは目に見えるようです。

 

 

病気などで働けない人が親を頼るのはまだ解るとして、

 

五体満足な徳光正行さんが40歳を過ぎても親のすねをかじっているというのは、

 

いかがなものかと思います。

 

そして、息子を甘やかしている自覚が全くない徳光和夫さんも同罪です。

 

このままでは徳光正行さんは落ちぶれてゆくだけの人生を歩まなければなりません。

関連記事!

 - タレント