BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

松川尚瑠輝の大学は?彼女は志田未来?昔の画像やマッチョや年齢について?

   

 

石原さとみさん主演のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)に校閲部員の青木祥平役を演じる松川尚瑠輝さん。

 

一体どんな人なのか気になって調べてみました。

 

 

松川尚瑠輝(まつかわ なるき)のプロフィール

 

松川尚瑠輝

松川尚瑠輝

生年月日:1991年9月20日(25歳)

出身地:東京都

身長:172㎝

血液型:AB型

職業:俳優

学歴:日本大学芸術学部

事務所:スターダストプロモーション

 

2歳のころから子役を始めます。

 

 

1999年から2004年にかけて放送され人気を博した「愛の劇場『新・天までとどけ』」シリーズで、

 

五男の広役を演じるなど、子役ながら数多くのドラマに出演します。

 

 

しかし、大学進学後に「学業優先」を理由として芸能活動を休止します。

 

2012年、ブレークポイントに移籍して、同年に同事務所の俳優ユニット、ai-kataの作品にて舞台初出演、

 

俳優活動を再開します。

 

2014年、大学卒業します。

 

2015年、スターダストプロモーションへと移籍します。

 

「女王の教室」

 

mig

 

松川尚瑠輝さんと言えば天海祐希さん主演の「女王の教室」(日本テレビ系)で志田未来さんの親友役で出演していました。

 

「女王の教室」での天海祐希

「女王の教室」での天海祐希

 

志田未来

志田未来

 

 

「女王の教室」は、支配者然として強権的な態度でクラスを牛耳る鬼教師・阿久津真矢(天海祐希さん)と半崎小学校6年3組の児童たちとの1年間に

わたる「格闘」を描いたドラマです。

 

 

阿久津真矢は”鬼教師”として有名で、彼女が担任になったクラスは地獄のような日々を過ごすと恐れられていました。

 

 

しかし、それは児童を第一に思っての行動なのです。自分が「壁」となって立ちはだからなければ、

 

児童は自分で物事を考えず、

 

また、「壁」を乗り越えなければ成長しないという児童を思っての行動なのです。

 

 

それに最初に気が付くのが志田未来さん演じる神田和美なのです。

 

 

そして、その親友として松川尚瑠輝さんが真鍋由介役で出演していました。

 

 

真鍋由介の役どころはスナックを営むオネエの祖父と二人暮らしで、

 

いつもふざけてばかりいますが、

 

しかし、実の母親に捨てられた哀しい過去を持った少年なのです。

 

 

由介は和美の最初の理解者で、由介は和美によって成長し、

 

そして、卒業式で7年ぶりに母親と再会を果たします。

 

 

この「女王の教室」は当時、話題となり、賛否両論を巻き起こし、

 

視聴率も高視聴率をたたき出したドラマです。

 

 

更に、「女王の教室」は台湾や韓国などアジア各国でも放送され、

 

香港では日本ドラマとしては史上最高視聴率を記録しています。

 

 

現在の松川尚瑠輝さんは当時の「女王の教室」時の顔とあまり変わりがありませんが、体つきは大きく違っています。

 

 

最近では波瑠さん主演のドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系)で波瑠さんが所属する厚田班と対立(?)する片岡班の一員として出演していました。

 

波瑠

波瑠

 

 

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」とは

 

 

mig-1

 

 

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」とはどんなドラマかと言いますと、

 

オシャレが大好きな石原さとみさん扮する河野悦子が好きなファッション誌の編集者を目指して中途採用試験を受け、

 

見事に採用となったのですが、

 

配属されたのが、編集部ではなく原稿のミスなどを調べて直す「地味」な校閲部なのでした。

 

石原さとみ

石原さとみ

 

 

そこで、校閲部の部長の茸原(岸谷五朗さん)に猛抗議するのです。

 

岸谷五朗

岸谷五朗

 

 

すると茸原は「校閲部で頑張れば編集部へいけるかも」といい、

 

その言葉を真に受けた河野悦子がこれまでの校閲の仕事の枠を越えて、

 

作家の自宅へと直接原稿を持っていって確認をとったり、

 

事実確認のために直接現場に乗り込んだりと、

 

ど派手なファッションに身を包み大暴れするというお仕事コメディ作品なのです。

 

 

その校閲部員の一人として出演しているのが松川尚瑠輝さんなのです。

 

 

松川尚瑠輝さんは河野悦子の破天荒な行動に振り回され、

 

しかし、次第に河野悦子に感化されてゆく役どころです。

 

 

松川尚瑠輝がマッチョに!?

 

image1

 

子役で、幼いころから忙しく活動してきたために、

 

大学生活は今まで体験できなかったことや、

 

学べなかったことを得たいと俳優業を休止していた松川尚瑠輝さんは、

 

大学卒業とともに俳優業へと復帰しましたが、

 

松川尚瑠輝さんがマッチョになっていて、

 

驚いた人が多かったようです。

 

 

しかし、それは間違いで、

 

松川尚瑠輝さんとみられていた男性は、

 

松川尚瑠輝さんに激似のプロレスラー、土井成樹さんなのでした。

 

土井成樹

土井成樹

 

とはいえ、逞しくなって松川尚瑠輝さんは活動を再開したことは間違いありません。

 

彼女は志田未来?

 

「女王の教室」で志田未来と

「女王の教室」で志田未来と

 

 

前述の「女王の教室」があまりに強烈な印象を残したので、

 

プライベートでも松川尚瑠輝さんと志田未来さんが仲がいいと見られていますが、

 

「女王の教室」の撮影時は仲が良かったのかも知れませんが、

 

松川尚瑠輝さんは大学進学とともに芸能活動を休止していますので、

 

志田未来さんとは疎遠になってしまったのではないかと思います。

 

 

つまり、松川尚瑠輝さんの彼女は志田未来さんではないと思います。

 

 

まとめ

 

20_03

 

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」で、
河野悦子と同じ校閲部員として出演している松川尚瑠輝さんは、

 

2歳のころから子役として数多くのドラマに出演していますが、

 

中でも特に印象深かかったのは、「新・天までとどけ」と「女王の教室」ではないでしょうか。

 

大学進学とともに俳優業を休止していた松川尚瑠輝さんは、

 

しかし、大学卒業とともに逞しくなって戻ってきました。

関連記事!

 - 俳優