BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

ちゃんみなは韓国人?本名や彼氏は?小峠との面白動画や高校について?

   

 

「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演し、バイきんぐの小峠さんに対するディスラップが面白かったと話題になっているラッパーの”ちゃんみな”さん。

 

 

そんなちゃんみなさんが気になったので調べてみました。

 

 

ちゃんみなのプロフィール

 

ちゃんみな

ちゃんみな

本名:乙茂内美奈(おともない みな)

生年月日:1998年10月14日(18歳)

出生地:韓国

出身地:東京都練馬区

ジャンル:ヒップホップ

職業:ラッパー

 

1998年、韓国で生れます。

 

 

父親が日本人、母親が韓国人のハーフです。

 

 

バレリーナテである母親の影響で、子供のころからバレエ、ピアノ、バイオリンなどを習っていて、

 

3歳の時には既に歌手を目指していたと言います。早熟ですね。

 

 

3歳まで、韓国に住み、その後は韓国、日本、アメリカを行き来する幼少期を過ごしています。

 

 

日本の小学校に入学するも、日本語が上手く話せずにイジメに遭い、部屋に籠もりがちになったそんな或る日、BIG BANGの音楽を聴いて衝撃を受けたと言います。

 

BIG BANG

BIG BANG

 

最初は韓国で活動することを夢見ていましたが、高校生の同級生のラッパー仲間の”めっし”に相談したところ、「行かないで」と泣かれたために、日本での活動に変えたと言います。

 

https://twitter.com/messhi_milke/status/784511387594743808

 

日本でどう活動してゆくか考えていたときに、現役高校生たちがフリースタイルラップで優勝を競い合う「BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権」の第9回大会に応募しました、が、結果は2回戦敗退でした。

 

 

2016年4月18日、”めっし”を客演に迎えたデビューシングル「未成年」を配信。iTunes Storeのヒップホップランキングで首位を獲得します。

 

mg_4444c

 

同年8月31日、2枚目のシングル「Princess」を配信します。

 

 

ちゃんみなさんは日本語、韓国語、英語を話すトリリンガルなのです。

 

ちゃんみなさんはこの後「練馬のビヨンセ」と言われ話題となっています。

 

 

「Princess」の魅力は?

 

 maxresdefault

 

ちゃんみなさんの第2弾シングル「Princess」はまず、どこか儚げなピアノの旋律が、

 

これから始まる宴に暗い影を投げかけるのですが、

 

一度、ちゃんみなさんのラップが始まると、

 

ダンスの宴は何となく薄ら寒い雰囲気を醸し出すのです。

 

 

しかし、それは切っ先が鋭い鋭角なナイフのような言葉のライムの洪水の中、

 

ちゃんみなさんがダンスの宴をある意味では破壊し、

 

またある意味では緊迫感溢れるものへと一変させては、

 

そこにちゃんみなさんの人生を直截的に投影したラップで、

 

聴くものを挑発するダンスの宴が始まりを告げるのです。

 

077f471f416251b915121c2900636fb1-640x400

 

この社会の不合理を、また、過去にいじめられたということをも包み隠さず、

 

ちゃんみなさんはラップにして聴かせるのです。

 

 

その鋭角なラップは、その緊張感を最後まで失うことなく、

 

自分が「悲劇のヒロイン」であることを拒否し続け、

 

ありのままの現在の自分を受け容れることでしか”Princess”になれないと宣言をするのです。

 

 

そうして、宴は終わりを迎えるのですが、

 

その余韻は余りにもシリアスなもので、

 

ちゃんみなさんのラップにはちゃんみなさんがこれまで抱えてきた苦悶が凝縮されているのです。

 

 

「櫻井・有吉THE夜会」では爆笑のラップを披露!

 

maxresdefault-1

 

9月1日放送の「櫻井・有吉THE夜会」に今話題のJKラッパーとして出演したちゃんみなさん。

 

 

そこで、即興で、共演したバイきんぐの小峠さんのハゲをいじり回したラップが面白すぎると話題になっています。

 

ちゃんみなは番組冒頭でMCの嵐・櫻井翔に紹介されると、フリースタイルラップを披露。「櫻井さんも好き♡ 有吉さんも好き♡ だけどダレ?目の前のハゲ」とゲストの小峠をディスして爆笑を生み、その後もゲストの松田翔太に向けたラップのなかで「最高だよ 俳優としての在り方 だけど明らかに変えすぎな髪型 コイツにも分けてやれよ髪の毛」とまた小峠をディスるなど集中砲火。

 

このラップが面白すぎると話題になっているのです。

 

バイきんぐ・小峠 担当・井上泰寿

バイきんぐ・小峠

 

即興でラップを繰り出すちゃんみなさんは、何とも楽しそうで、

 

 

心底ラップが好きなんだな、と感心ひとしおなのです。

 

 

ちゃんみなさんのラップは一朝一夕で身についたものではなく、

 

何度も何度も練習を重ねた上でのものに違いなく、

 

それ故に格好ばかりのラップとは一線を画す言葉に威力があるラップなのです。

 

 

それにしても、日本の若者には既にラップが当たり前のものとしてしっかりと根付いていて、

 

本場アメリカの黒人のラップともまた、一線を画す日本的なラップが独自に発展しているようです。

 

 

まとめ

 

 e756991d8ca0d266359a01bd0e7ebc4e

 

Jkのフリースタイルラッパーの”ちゃんみな”さんは、

 

父親が日本人、母親が韓国人のハーフです。

 

 

幼少のころは韓国、日本、アメリカと移り住み、そのかいあって、ちゃんみなさんは日本語、韓国語、英語の三カ国語が話せます。

 

 

そのちゃんみなさんは小学校は日本の小学校に通ったのですが、

 

日本語が上手く話せずにイジメに遭いました。

 

 

また、ちゃんみなさんは3歳の時に既に歌手になることを夢見、

 

実際に高校生の現在、ラッパーとしてデビューをしています。

 

 

ちゃんみなさんのラップを聴くと、

 

それは、ちゃんみなさんの中でラップはしっかりと消化されていて、

 

アメリカの黒人のラップとはひと味も二味も違う、

 

日本語ならではの味があり、

 

そして、その言葉が鋭角のナイフの切っ先のように聴くものの心に突き刺さるものということからも、

 

新世代の日本語ラップが生れつつあることが解ります。

関連記事!

 - ミュージシャン