BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

菊池桃子の病気や娘について?カップや昔の水着画像や身長について!

      2016/11/08

清純派アイドルとして人気を博した菊池桃子さん。

 

 

最近ではPTAに関する発言で多くの共感を呼んだそんな菊池桃子さんについて調べてみました。

 

 

菊池桃子(きくち ももこ)のプロフィール

 

菊池桃子

菊池桃子

 

生年月日:1968年5月4日(48歳)

出身地:東京都品川区

身長:161㎝

スリーサイズ:79-59-85㎝

血液型B型

趣味:車、スキューバダイビング、競馬、料理、黒子占い

特技:茶道、絵画、ピアノ

好きな食べ物:スペアリブ、スイカ、チョコレート、リゾット、ユッケジャンうどん

得意料理:フライドイカサラダ

学歴:日出女子学園高等学校、戸板女子短期大学卒業、法政大学大学院政策創造研究科創造専攻修士課程修了

所属:パーフィットプロダクション

 

2012年8月1日より母校・戸板女子短期大学の客員教授に就任

 

菊池桃子さんはアイドルの豊作期かつ黄金期と呼ばれる1980年代に活躍した清純派アイドルで、

 

1995年、プロゴルファーの西川哲さんと結婚し、二人のお子さんに恵まれましたが、しかし、2012年に離婚。

 

西川哲

西川哲

 

現在はシングルマザーとして多方面で活躍しています。

 

 

離婚した西川哲さんに関しての情報ですが、タレントの五月みどりさんを母に持ち、12歳でゴルフを始め、高校卒業後にプロゴルファーとして合格します。

 

五月みどり

五月みどり

 

1991年、プロ4年目で初優勝を飾ります。

 

 

しかし、2002年以降は予選通過が減り始め、厳しい状況が続いています。

 

 

離婚の理由は?

 

 %e8%8f%8a%e6%b1%a0%e6%a1%83%e5%ad%90

 

菊池桃子さんと西川哲さんとの夫婦生活は順風満帆に見られていましたが、突如として2012年に離婚が発表されます。

 

 

具体的な離婚理由が発表されなかったためにいろいろな情報が飛び交っていました。

 

 

しかし、次第に離婚理由が明らかになっていきます。

 

 

まず、西川哲さんが育児に無関心だったと言われています。

 

 

そして、 西川哲さんには別宅があってそこで浮気をしていたと言う噂もあります。

 

 

プロゴルファーとして成績が芳しくなく、稼ぎがない上に浮気と育児放棄では妻としてやっていられませんね。

 

 

菊池桃子の病気

 

 n0022373_l

 

菊池桃子さんは離婚発表後に自身が「シェーグレン症候群」を患っていることを公表しました。

 

 

シェーグレン症候群とは自己免疫疾患の一種で、全体に乾燥を伴う症状が現われ、

 

涙や唾液が出にくくなり、皮膚のかゆみや関節痛、場合によっては内臓疾患にも影響する病気です。

 

 

シェーグレン症候群は40~60代に多くみられる病気で、2003年には7万人の患者がいたとされます。

 

このシェーグレン症候群は慢性的な病気で、回復と再発を繰り返すので診察と治療が不可欠とされています。

 

 

菊池桃子さんは現在、病状は落ち着いていて、薬でコントロールできる状態だと言います。

 

 

長女に障害が

 

 img_0

 

菊池桃子さんには一男一女のお子さんがいます。

 

 

長女は幼児期に脳梗塞となり、

 

現在も左手足に麻痺の後遺症が残っている事をテレビで公表しました。

 

 

長女はリハビリを頑張ったおかげで今では歩けるようになっているそうです。

 

 

当然、現在もリハビリは続いています。

 

 

しかし、長女の進学などまだまだ問題山積で、長女の将来を考えていたころ、

 

菊池桃子さんは「雇用」というものを強く意識するようになったと言います。

 

 

菊池桃子さんは長女の進学や就職などを考えているうちに障害者に対する社会構造への疑問を抱くようになったようです。

 

 

大学院へ進学

 

 63c8c903855f6f75f3e843a18026afbe

 

2012年、離婚を発表したのに合わせて法政大学院で雇用問題を専攻し、

 

最終的には修士号を取得しています。

 

 

そして、その後芸能活動を続けながら母校の戸板女子短期大学の客員教授として雇用政策(キャリア教育)について講義を行っています。

 

 

また、NPO法人の「キャリア推進ネットワーク」の理事にも就任しています。

 

 

カップや昔の水着画像や身長について!

 

 tumblr_mq0ylwbmno1r9l7xlo1_500

 

カップは前述のスリーサイズからCカップと推定されます。

 

 

そして、往年のアイドル全盛期の一翼を担った菊池桃子さんの昔の水着画像がこちらです。

菊池桃子の水着画像①

菊池桃子の水着画像②

菊池桃子の水着画像③

菊池桃子の水着画像④

菊池桃子の水着画像⑤

眩しいくらいに若さが輝いていて、取れたての新鮮な果実を彷彿とさせるグラマラスなボディが鮮烈です。

 

 

身長も前述の通り、161㎝と女性として長身です。

 

 

PTA発言

 

4c512f033eff9c33ac30b002889f2ef0

 

学校のPTAは、入っても入らなくてもどっちでもいいはずなのに、全員参加の雰囲気がある――。

 

菊池桃子さんは政府の「1億総活躍国民会議」のメンバーとして活動していますが、

 

前述の引用の発言をして、「よく言ってくれた」「正論だ」などと共感するコメントが相次ぎました。

 

 

この菊池桃子さんの発言が反響を呼んだのは、PTAが半ば強制的に加入すると言う現実に対して疑問を呈したからなのです。

 

 

現実として、子供が学校に入学するとPTAに入会するかどうかは本来自由意思のはずなのですが、

 

本人の意思確認なしに自動的に入会させられたり、

 

退会規定がなかったりする学校がほとんどなのです。

 

 

会員になるばかりでなく、「全員が一度は役員を」「一人一役」と言う暗黙のルールさえあるのです。

 

 

本来PTA加入は自由なはずなのですが、現実はそうはなっていないのです。

 

 

その事をはっきりと言ったのが菊池桃子さんなのです。

 

 

たぶん、シングルマザーとしてPTAの仕事に時間を割けないという事情があったと思われますが、

 

現行の既成事実はともかくおかしいのは間違いありません。

 

 

確かにPTA活動に自由意思で参加できるようになればいいと思います。というのも、現在では共働きの世帯が増えていて、PTA活動が大きな負担になっている人が多いと思います。

 

 

まとめ

 

 Masami Nagasawa, Tsuyoshi Shinjo, Momoko Kikuchi

 

1980年代のアイドル全盛時代に活躍した菊池桃子さんは、2012年、西川哲さんと離婚を発表後、自身がシェーグレン症候群だと公表しました。

 

 

現在、菊池桃子さんの症状は薬で落ち着いている状態ですが、

 

シェーグレン症候群は回復と再発を繰り返す病気です。

 

 

また、長女も幼少期に脳梗塞になり、右手足に麻痺の症状が残っていますが、

 

リハビリに現在も頑張っています。

 

 

また、菊池桃子さんは、娘の障害から障害者の「雇用」というものに関心を持ち、

 

それを大学院で勉強しています。

 

 

そして、現在、母校の戸板女子短期大学の客員教授をしていて、

 

また、政府の1億総活躍国民会議のメンバーにもなっています。

 

 

そして、菊池桃子さんのPTAに対する発言が共感を呼んでいて、

 

その背景に共働きの世帯が多くなったことがあり、

 

そして、その事はPTA活動は大きな負担であるという事の表れに思います。

関連記事!

 - アイドル, カップ画像, 女優, 水着画像