BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

TEEの本名や彼女について?年齢や大学は?有吉反省会出演!

   

 

12月10日の「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演するシンガー・ソングライターのTEEさん。

 

 

TEEさんと言っても誰?と首を傾げる人が多いのかも知れませんが、

 

TEEさんの曲は誰もが一度は耳にしたことがある曲だと思います。

 

 

そこでTEEさんについて調べてみました。

 

 

TEE(てぃー)のプロフィール

 

TEE

TEE

本名:石田智(いしだ とも)

生年月日:1982年11月26日

出身地:広島県広島市

職業:シンガー・ソングライター

ジャンル:J-POP

レーベル:ユニバーサルシグマ

 

TEEさんはボクシングを16歳から始めます。

 

 

野球で知られる広陵高等学校、法政大学時代に通算6度の国体出場をしています。

 

 

大学時代はアテネ五輪候補選手として日本代表合宿にも参加するほどの実力だったそうです。

 

 

将来はプロボクサーを目指すも肘と肩の怪我で断念しました。

 

 

このときのTEEさんはやるせない思いを抱えてかなり落ち込んだと思われます。

 

 

将来の夢を見失ったという事はかなり不安なことだったと思います。

 

 

そんなTEREさんはボクシングを吹っ切るようにカナダのトロントに留学します。

 

 

そこでボクシングを子供たちに教える傍ら、

 

たまたま遊びに行ったクラブで3000人の客を熱狂させるDJの姿に感動します。

 

 

それ以来TEEさんはクラブに嵌まってしまい、将来自分もステージに立ちたいとの思いを募らせて行きます。

 

 

毎週のようにクラブに通い詰めるうちに音楽仲間も次第にでき、

 

毎日路上でジャム・セッションを繰り広げながらある時自身もマイクを手にすることになります。

 

o056705671377248829948

 

そんな時に公園で出会ったあるミュージシャンの自宅スタジオに誘われ、

 

ピアノの弾き語りで演奏されたデズリーの「ユー・ガッタ・ビー」に感動したそうです。

 

 

そのミュージシャンとは「ユー・ガッタ・ビー」の作曲者のアシュリー・イングラムさんその人であったそうです。

 

アシュリー・イングラム

アシュリー・イングラム

 

トロントの1年9か月の滞在で、ボクシングの夢を失ったTEEさんは音楽の夢を見つけ、

 

日本でミュージシャンとして挑戦する決意をしたのです。

 

 

 

TEEの本名や彼女について?

 

mig

 

TEEさんの本名はプロフィールの通り石田智です。

 

 

彼女に関してはほとんど情報がありませんでした。

 

 

ただ、TEEさんの代表曲の「ベイビー・アイラブユー」の歌詞を見ると実体験が少しは混じっているのではないかと思いまますし、また、トロントでクラブに通い詰めたことから、

 

多分いろいろな経験をしていると思います。

 

 

しかし、それは今もって表には出ていませんが、「有吉反省会」で語られるかも知れません。

 

 

年齢や大学は?

 

 tee

 

TEEさんの年齢はもうすぐ34歳を迎えます。

 

 

大学は法政大学です。

 

 

有吉反省会出演!

 

 f53159b6c6671c

 

TEEさんは「有吉反省会」に出演します。

 

 

果たして何を反省するのか解りませんが、トロント時代のことなのでしょうか。

 

 

それともボクシングに青春をかけていた頃のことなのでしょうか。

 

 

TEEさんという人がある種謎に包まれたている人ですので、何を「反省」するのか興味津々です。

 

 

TEEの音楽活動

 

 pn2011072601000978-ci0003

 

カナダから帰国後、地元の広島の路上やクラブで演奏した「DON’T CRY HIROSHIMA」(トロントで初めて作った曲)が徐々に話題を呼び、

 

地元のフリーペーパーRAMPAGEが開催するイベントではSATOMI’さんとのスペシャル共演を果たします。

 

t02200330_0480072010856077067

SATOMI’

 

「DON’T CRY HIROSHIMA」はレゲエ曲で、本来、”レゲエの神様”ボブ・マーリーが持っていたレゲエの歌の社会性をこのTEEさんの楽曲も持っていて、

 

「平和」に対するTEEさんの率直な思いが歌詞に込められています。

 

ボブ・マーリー

ボブ・マーリー

 

そして、TEEさんはAIさん、Full Of Harmony、JAMOSAさんといった数々のアーティストのオープニング・アクターを務めます。

 

AI

AI

 

Full Of Harmony

Full Of Harmony

 

JAMOSA

JAMOSA

 

その後、拠点を東京と広島にして活動を開始し、2009年には1stミニアルバム「Palette」をリリースします。

 

 

そして、リード曲「Change My Life」がiTunesの今週のシングルに選ばれました。

 

 

「Change My Life」は軽快なヒップホップ・ミュージックでTEEさんの人生観がよく表われている楽曲です。

 

 

TEEさんは音楽は独学で学びました。

 

 

作曲は鼻歌交じりで作り上げるそうです。

 

 

2010年、ユニバーサルシグマとメジャー契約しました。

 

 

そして、「3度のメシより君が好き」でメジャー・デビューします。

 

 

TEEさん得意のヒップホップの楽曲で、とってもユニークなラブソングが軽快なリズムに乗って歌われています。

 

 

同年、2ndシングル「ベイビー・アイラブユー」が発売されます。

 

 

そして、この「ベイビー・アイラブユー」がTEEさんの代表曲になります。

 

 

生ギターが切ない味わいを出している楽曲で、TEEさん流のバラード曲となっています。

 

 

一途な愛を表情豊かな歌声で歌い上げています。心に染みる一曲です。

 

 

同年、1stアルバム「Kido I Raku」を発売しました。

 

 

中でもやはり「ベイビー・アイラブユー」が一際光っていて、

 

この曲は、ロング・ヒットを記録しました。

 

 

U-SEN J-POP総合チャートで初登場以来22週連続チャートインの新記録を樹立し、

 

着うたダウンロードは70万を超えるダウンロードを超える大ヒットとなりました。

 

 

さらに「Billboard JAPAN Music Award 2010」では「ベイビー・アイラブユー」で見事「New Artist of the Year 2010」(最優秀新人賞)を獲得します。

 

 

2011年、「電話で抱きしめて」をリリースし、この曲も着うた・デイリー・チャートで初登場2日1位を記録します。

 

 

2015年、2年9か月ぶりに待望のフル・アルバム「5年後のアイラブユー」を発売します。

 

 

表題曲「5年後のアイラブユー」を含む新曲5曲に大ヒット曲「ずっと(TEE Ver.)」や「オンリーワン」、

 

そしてAIさんとのコラボレーションで話題となった「Let it be」(Reggae mix)も収録されています。

 

 

そして、「DON’T CRY HIROSHIMA」も、音源として初収録されました。

 

 

TEEの名前の由来は?

 

 tee-1

 

何故、アーティスト名がTEEなのかTEEさんのブログで語られています。

 

それはまだ俺がカナダに住んでいる時、音楽をかじり始めた俺は毎日のようにセッションを繰り返していた。

「そろそろ人前でやってみるか~」そんなモードになってきた頃、ふっと仲間と入ったバーの奥に、一人のギタリストが歌を歌う姿。

何も言ってないのにその兄ちゃんが、「you wanna sing some?何か歌うか?」と聞いてきた。

俺はすかさず「Yes I can!出来る!」 と言った。

「what your name?」

「my name is tomo」

というと、

whats? homo??

といわれた。

いや、ホモじゃなくて、とも!

えっ、ホモ?

そんな通じなくないだろ!!と思いながら、もうめんどくさいので「I am Mr T !!」と言ってやった!

その日から、名前がMr Tになった。

Mr T という名前はとても反応がよかった。特に黒人の食いつきは半端なかった。

なぜ食いつきが良かったか。

それは俺の実力ではなく、映画俳優のMr Tという男のおかげだった。

しかも、彼は元ボクサーで、歌も歌い、コメディアンで役者もする。まさに俺が目指すエンターティナーではないか!!

俺はよくわからんがそれを勝手に運命と名付け、彼を師匠と呼んだ。

 

とのことです。

 

 

まとめ

 

hqdefault

 

TEEさんはボクシングで五輪候補選手に選出されるほどの実力の持ち主で、

 

将来はプロボクサーを目指していたのですが、

 

怪我でそれを断念しなければなりませんでした。

 

 

そこで、TEEさんはカナダのトロントに留学し、そこでたまたま入ったクラブでのDJに感動し、

 

音楽を志します。

 

 

地元広島に戻ったTEEさんは路上やクラブで音楽活動を開始します。

 

 

そして、トロント時代に初めて作った「DON’T CRY HIROSHIMA」が徐々に話題となり、

 

AIさんなどのオープニング・アクトを務めるなどします。

 

 

その後はあれよという間に人気に火が付き、名曲「ベイビー・アイラブユー」が生れます。

 

 

その後、フル・アルバム「5年後のアイラブユー」を発売。

 

 

着実にキャリアを積んでいるTEEさんですが、

 

「有吉反省会」で一体何を「反省」するのか全く解りません。

 

 

唯、心に染みる曲を作るのに長けたTEEさんの曲は一聴に値しますので、

 

是非、この機会に聴いたことがないという人は聴いて見てください。

 - ミュージシャン, 動画