BREAK☆TIME

有名人の噂話や色々な情報をお届けします。ちょっと、ひと休み~

ササキオサム有吉反省会出演!嫁や子供の画像について?年収は?

   

 

2016年12月24日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演する元ロックバンド、MOON CHILDのボーカルとギターを担当しているササキオサム(佐々木収)さん。

 

 

そのスタイリッシュな音楽性が格好良いMOON CHILDですが、その”顔”のササキオサムさんが一体「有吉反省会」で何を反省するのでしょうか。

 

 

そんなササキオサムさんが気になったので調べてみました。

 

 

佐々木収(ささき おさむ)のプロフィール

 

佐々木収(ササキオサム)

佐々木収(ササキオサム)

 

作家活動の際はササキオサム

生年月日:1971年10月26日(45歳)

出身地:岩手県盛岡市

学歴:二松學舍大学卒業

ジャンル:ロック、J-POP

職業:歌手、作詞家、作曲家

担当楽器:ボーカル、ギター

デビュー:1995年

 

MOON CHILDのボーカル兼ギターとしてデビューし、現在は音楽ユニットSCRIPT・Ricken’sのボーカル兼ギターとして活動しています。

 

 

SCRIPT

SCRIPT

 

Ricken’s

Ricken’s

 

ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当しています。

 

 

バンド活動は佐々木収名義として活動しています。

 

 

名前を間違えられたためにササキオサムの名義を用いていましたが、2013年のMOON CHILDの再結成に伴い、アーティスト名義を佐々木収に統一しました。ただし、作詞・作曲などの楽曲提供を行う際の名義としてササキオサム名義を残しています。

 

中学時代、旺文社主催の「ソニー・ディスク&テープ大賞」で作詞作曲部門賞を受賞しています。

 

 

高校(盛岡第一高等学校)時代、軽音学部と演劇部に在籍。同級生等と結成したバンドで様々なコンテストに出場し、「三宅裕司の生かすバンド天国」(TBS系)にも出演し、審査員賞受賞しています。

 

三宅裕司の生かすバンド天国

三宅裕司の生かすバンド天国

 

一浪後、二松學舍大学に入学、そして卒業します。雑誌でバンド仲間を募集し、後のMOON CHILDのリーダーとなる樫山圭さんに出会います。

 

樫山圭

樫山圭

 

1995年、バンド、タンバリンズを結成します。11月にバンド名をMOON CHILDに改めます。

 

 

1996年、MOON CHILDとしてメジャーデビューします。

 

 

1999年2月24日、MOON CHILDを解散。4月にMOON CHILDのベーシストであった渡邊宗尉さんと「SCRIPT」を結成します。

 

渡邊宗尉

渡邊宗尉

 

2000年、ロンドンブーツ1号2号の楽曲「HEY!SLOT MACHINE」を作詞。初の楽曲を提供します。

 

ロンドンブーツ1号2号

ロンドンブーツ1号2号

 

同年、SCRIPTとしてメジャーデビューします。しかし、2003年以降はインディーズで活動。

 

 

2003年、SCRIPTの5thアルバム「Ultimate or Incomplete」より全ての名義を佐々木収に改めます。

 

 

2004年、元The Kaleidoscopeの石田匠さんと「Ricken’s」を結成します。

 

石田匠

石田匠

 

2005年、作家名義を「ササキオサム」に改めます。音楽グループ、AAAに作詞提供した楽曲「BLOOD on FIRE」で第47回日本レコード大賞最優秀賞を受賞します。

 

AAA

AAA

 

2007年、ササキオサム名義でソロ活動を開始します。演奏楽曲はMOON CHILD時代の楽曲が中心。

 

 

2010年、7月14日、一般女性との入籍を発表します。

 

 

同年、ソロ活動のバンド形態となる「THE SASAKI OSAMU BAND」を結成。

 

 

2013年、MOON CHILD再結成。これに伴いアーティスト名を佐々木収に戻します。

 

 

嫁や子供の画像について?

 

z322025797

 

ササキオサム(佐々木収)さんは、プロフィールにあるように一般女性と結婚しましたが、

 

結婚相手は大学時代の同級生で18年間の交際を経て結婚に至ったとのことです。

 

 

18年というのは余りにも長いので、そこには紆余曲折があったのだろうとは思いますが、

 

結局は落ち着くところに落ち着いたと言うことではないでしょうか。

 

 

仮に18年間一途に愛していたならば、結婚はもっと早くにしていたはずでしょうし、

 

そうならなかったと言うことは一度や二度の別れがあったに違いありません。

 

 

それでも結婚に至ったと言うことはお互いが別れてから必要な人と言うことが身に染みて解ったのではないかと思います。

 

 

そして、嫁や子供の画像ですが、色々と探したのですが、見つかりませんでした。

 

 

一般女性でもあり、また、子供がいるにせよ、それは完全にプライベートな部分ですので、

 

ササキオサムさんは非公開を貫くのではないでしょうか。

 

 

年収は?

 

 2232d8eda06cd872

 

ササキオサムさんの年収ですが色々と調べても解りませんでした。

 

 

普通のサラリーマンよりかは年収はあると思うのですが、

 

如何せん情報があまりにも少なく、全く闇の中でした。

 

 

MOON CHILDの解散理由

 

 

MOON CHILD

MOON CHILD

 

MOON CHILDの解散理由は当時、「すべてをやり切った」というものでしたが、

 

その真相をササキオサムさんが2015年に語っています。

 

バンド結成からライブ活動4~5回でメジャーデビューが決まり「夢みたいな気分」だった。97年「ESCAPE」はオリコンチャート1位のヒットとなった。

 

当時のギャラの配分は「(事務所の給料は)一緒」。印税も最初はメンバーで分けたが、佐々木は「結講、仕事が全部、自分に来ちゃっていたので、ちょっと割に合わないかな、と。曲はみんなで割ろう、詞は僕が半分は欲しい。あとはみんなで分けてくれ、と。自分が100%はもらってないです」と打ち明けた。

 

メンバーにムカついたことは?と聞かれると「ミスったりすると、チッと思いましたけどね」と苦笑い。全国ツアーの間にも曲を作らなければ間に合わないほど多忙で、自身はホテルに缶詰めになっているのに、メンバーが遊びに行ったりすると「うらやましいな、と。それの蓄積ですかね。自分が作詞作曲にストイックになっている分、おまえらもストイックになれよ、みたいに強要していたところもあって」と振り返った。

 

作詞・作曲を担当していたササキオサムさんにとって、他のメンバーはお気楽に見えたのでしょう。

 

 

また、ヒット作を作らねば、というプレッシャーとの闘いだったはずです。

 

 

そのために心がささくれだって、メンバーにも辛く当たってしまったのではないでしょうか。

 

 

バンドが解散するのはだいたいが才能がある人のところに仕事が集中してしまい、

 

遂にその人のかんしゃくが爆発して解散することが多いと思います。

 

 

メンバーがもうその人について行くことができなくなってしまうのです。

 

 

最後は空中分解するようにバンドはちりぢりになってしまいます。

 

 

MOON CHILDもそうした道を歩んでいったに違いありません。

 

 

まとめ

 

 profile_osamu

 

再結成したのですが、何やら雲行きが怪しいロックバンド、MOON CHILDの作詞・作曲を担当し、ボーカル兼ギターのササキオサムさんが、24日の「有吉反省会」に出演します。

 

 

多分、バンド解散の経緯が語られるのではないかと思います。

 

 

そして、再結成したにもかかわらず、また雲行きが怪しいMOON CHILDのこれからについても語られるのではないかと思います。

 

 

とにかく、「有吉反省会」にササキオサムさんが出演すると言うことで話題となっていますので、

 

骨のあるカッコイイロックナンバーに飢えているという人は「有吉反省会」を見るしかありません。

 - ミュージシャン, 動画